FC2ブログ

WTO(世界貿易機関):ドーハ・ラウンドの再活性化は実現するか

 WTO(世界貿易機関)のドーハ・ラウンド交渉が難航している。この交渉は2001年11月のドーハ(カタール)閣僚会議で交渉開始が決定された。ドーハ開発アジェンダ(DDA)とも呼ばれる。12年に及ぶマラソン交渉だが進展がなく絶望視されていた。ところが、2013年12月のバリ(インドネシア)閣僚会議で貿易円滑化協定の合意など一部進展があり、交渉継続が確認され、若干明るさを取り戻した。
 近年、TPP(環太平洋経済連携協定)など二国間或いは地域的FTA(自由貿易協定)交渉が脚光を浴びる中、WTO交渉の現状を探ってみたい。
GATT/WTOの歴史的役割
 1930年代の世界恐慌を背景に各国が保護貿易、ブロック経済化に走り、第二次世界大戦に突入した苦い経験から、戦後の自由・無差別・多角的貿易体制の維持強化を目的としたGATT(関税と貿易に関する一般協定)が48年に発足した。過去8回にわたる関税引き下げ交渉などを行い、世界貿易の拡大と世界経済の発展に大きく貢献してきた。戦後日本の目覚ましい経済発展もGATTの恩恵抜きには語れない。最後のウルグアイ・ラウンド(UR)交渉の結果、GATTは発展的に解消、95年1月にWTOが発足した。
 WTOでは伝統的な物品の関税・非関税障壁の削減に加えてサービス、貿易関連投資および知的財産権保護という新分野を取り入れ、農業分野のルールが強化され、紛争解決制度が大幅に整備・強化されるなど役割が格段に拡大・強化された。
難航するWTO交渉
 WTO協定下でサービスと農業分野は2000年には次の交渉開始を合意ずみだったが、他の分野も含めてWTO発足後初の包括的貿易交渉開始の機運が高まった。期待されたシアトル閣僚会議(99年)は、グローバル化反対を叫ぶNGOデモやホスト国で議長国たる米国政府の不手際などで混乱、失敗した。9・11後のドーハ閣僚会議で新ラウンド開始に漕ぎ着けた。
 以来、農業、鉱工業品、サービス、ルール(反ダンピング、補助金)、貿易円滑化、開発(途上国の義務免除・緩和)、環境および知的財産権という8分野の一括妥結を目指して交渉が行われてきた。一括妥結とは、利害の異なる多数の国々が交渉に参加するため、各国の得意分野や苦手分野を含めて全体としてギブ・アンド・テイクで均衡のある全体合意をまとめる(自国に都合のよい分野のつまみ食いは認めない)方式で、UR交渉で採用され今回も踏襲された。
ところが、いざ交渉枠組み、態様などの協議が始まると、各国利害の対立が表面化、交渉は難航を極めた。WTOの最高意思決定機関は閣僚会議(2年に1回開催)だが、交渉開始後最初のカンクン(メキシコ)閣僚会議(03年)は成果なく決裂した。その背景には、何が何でもまとめようとの議長国メキシコの意欲の欠如もあった。G8、APEC、G20などの首脳会議や各種閣僚会合などで毎年ドーハ・ラウンド早期完結の重要性が謳われながら、交渉の決裂や中断もあり、当初3年の交渉期限が幾度か延長されて今日に至った。
交渉の一括妥結方式が逆に足枷になり、例えば農業がまとまらなければ鉱工業品やサービスが進まないなど膠着状態に陥った。この間、貿易交渉委員会の議長を務めるWTO事務局長は4人目となった。以前のGATT多数国間交渉では先進国間の交渉が軸で日米欧3極が合意に達すればそれがほぼ全体の合意になり、途上国は譲歩少なくして「ただ乗り」できた。まさに東京ラウンド(73-79)やウルグアイ・ラウンド(86-94)がそうであった。ところが、現在の交渉では、先進国は途上国の経済的地位向上に見合った対価を求めるが、中国、インド、ブラジルなどの譲歩がない。新興国の責任自覚が強く望まれる次第だ。11年の閣僚会議では、全分野の一括妥結は当面見込めないとの認識から、部分合意など可能な成果を積み上げる「新たなアプローチ」を試みることになった。
バリ閣僚会議の成果 
その後2年にわたる交渉の末、バリでは貿易円滑化協定など一部につき合意が成立した。95年のWTO発足以来の18年間で初めて多数国間交渉が一定の合意に結びついた意味で画期的との評価(外務省HP)もあるが、この協定は税関手続きの透明化、迅速化を目指す技術的な内容で、先進国、途上国双方の関心が強く争点が比較的少ないもの。失敗よりはマシであるに違いないが、本来の交渉目的達成の小さな一歩にすぎない。
 残るドーハ・ラウンドの交渉事項についても12か月以内に作業計画を策定することになった。TPPなど大型FTA交渉が継続する中、途上国の間でもWTO中心の多角的貿易体制を重視する声が高まったようだ。13年5月に就任したアゼベド新事務局長(ブラジル出身)の下で、長年の膠着状態の打開が切望される。
(2013年4月記)
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

minkewhale

Author:minkewhale
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード