FC2ブログ

日韓関係:「近くて遠い国」

 「日韓両国は自由と民主主義、市場経済など基本的価値を共有する最も重要な隣国」(外交青書)である。東日本大震災後には韓国から救助隊派遣や40億円超の寄付を受け、1万通余りの手紙が寄せられた。内閣府の世論調査では、日本人が韓国に親しみを感じる割合は1996年の35.8%から、最近は62%台に達している(中国は26.3%)。
ところが、2012年8月の李明博大統領の突然の竹島上陸、「謝るなら来なさい」との天皇謝罪発言は日韓関係に冷水を浴びせた。低い国内支持率挽回目的とはいえ、両国関係への悪影響が甚大なばかりでなく、大統領自身の国際信用問題になり得る。同大統領は2008年初めの就任早々、未来志向の日韓関係構築を目指し、「謝罪しろ」「反省しろ」と言いたくないと述べ、双方首脳の「シャトル外交」を通じて関係改善に向かっていただけに残念至極である。
 日韓基本条約と国交正常化
 日韓両国は戦後長年の困難な交渉を経て1965年に日韓基本条約を締結、国交正常化を実現した。請求権・経済協力協定、在日韓国人の法的地位協定、漁業協定、文化財・文化協力協定を併せ締結した。ただ、日本がサンフランシスコ平和条約で主権を回復する直前の52年1月に李承晩大統領が一方的に「李承晩ライン」を設定して竹島を取り込んだ。日韓漁業協定で「李承晩ライン」は実質的に廃止されたが、竹島の帰属問題は棚上げされた。日本は54年、62年、昨年の3回にわたって国際司法裁判所への付託を提案したが、韓国側は拒否した。99年発効の新漁業協定では、竹島を含む特定地域を両国漁船が共同操業する「暫定水域」に指定して今日に至っている。
 もう一つの大きな課題は、元従軍慰安婦など個人請求権の問題。請求権・経済協力協定で、日本は約53億ドルの植民地時代の投資と個人資産を放棄し、無償資金と借款を合わせて11億ドルの経済協力(当時の韓国国家予算の約3倍)を約束し、韓国側は個人を含む全ての対日請求権を放棄した。日本側はこれにより元従軍慰安婦など個人の請求権も全て解決済みとの立場である。村山内閣時代には人道的観点から「アジア女性平和国民基金」を設立して国民の寄付を募り、首相の詫び状を添えて元慰安婦に一人当たり200万円の償い金を手渡した。
 しかし、韓国政府は過去の交渉経緯を無視して2005年に元慰安婦などの請求権は協定の対象外と発表し、11年には「政府が日本と外交交渉しないのは被害者の基本的人権侵害で憲法違反」との憲法裁判所の判決を受け、日本との協議を求めてきた。日本側は法的に解決ずみとして拒否した。
日本の悲願である国連安保理常任理事国化についても韓国は強硬に反対している。
緊密化する経済・文化面の交流
 経済・文化面の関係改善は顕著である。韓国にとって日本は第2位の、日本にとって韓国は第3位の貿易相手国で今後も増加が期待される。日本側の大幅出超が続くが、韓国企業に不可欠な部品、素材などの輸入によるもので、その第3国向け輸出増に寄与している。素材や裾野産業が未熟な韓国は日本企業の誘致に熱心で、低い法人税や外資優遇策もあって日本の対韓投資は急増している。
 両国間の観光客など人の往来も盛んで、為替変動や大震災の影響はあるが、65年の国交正常化時に1万人だった日韓間の渡航者は約500万人に達している。近年のKポップスや韓国ドラマの韓流ブーム、日本の漫画、アニメ、小説の高い人気など、両国間の交流や相互理解は確実に深化している。
 他方、経済関係の更なる強化に資すべき経済連携協定交渉は2003年に始まったが、翌04年に中断した。その後の交渉再開に向けた協議に進展がない。韓国は米国、EUを含む各国との自由貿易協定推進に熱心だが、日本とは競争を恐れて逃げ腰である。97年と08年に韓国を襲ったような経済危機に備えるため、日韓通貨交換協定の融通枠が従来の130億ドルから11年に700億ドルに増枠されたが、12年10月に増枠部分は打ち切られた。
 このように、経済・文化・人的交流面で相互依存と相互理解が深まる一方、歴史認識や領土問題が政治関係改善の刺である。北朝鮮情勢が依然不透明で中国が軍備増強を進める中、日韓間の安保協力強化が重視されるが、12年6月には両国政府間で合意した軍事情報包括保護協定の署名が韓国側の政治的理由で直前に延期された。双方が感情論と大衆迎合的対応を排し、冷静かつ長期的観点から日韓関係の円滑化、緊密化に知恵を絞り、「真に近い国」の関係樹立に努める必要がある。
(2013年1月記)
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

minkewhale

Author:minkewhale
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード