FC2ブログ

北朝鮮の核開発問題

以下の小論は4年半前の2005年初めにある雑誌に寄稿したものであるが、北朝鮮の核開発を巡る問題は核実験やロケットの相次ぐ打ち上げなどエスカレートこそすれ、六者協議を重ねても何ら進展がなかったことが理解されよう

北朝鮮の恫喝と瀬戸際外交に踊らされ続けた12年間

 北朝鮮は2005年2月10日の声明で、六者協議への参加の「無期限中断」、「自衛のための核兵器の製造」を発表した。同国の核問題は過去12年余り、IAEA(国際原子力機関)、国連安保理、米朝交渉、日朝交渉、六者協議等さまざまな場で議論されてきたが、解決に向かうどころか、北朝鮮の時間稼ぎに利用された感が強い。この間に核兵器6‐8個分のプルトニウムが抽出されたとされ、今や北東アジアにおける最も深刻な安全保障問題になった。加えて北朝鮮はミサイルの開発を進め、現在日本を完全に射程範囲に置くノドン1号約200基を配備し、更に中距離弾道ミサイルのテポドン1号、ICBM級のテポドン2号の開発を進めている。核燃料やミサイル技術が中近東などに輸出され、世界平和への脅威にもなっている。この「ならず者国家」をどう扱ったらよいのか。拉致問題と並ぶもう一つの重要課題を探ってみたい。
 北朝鮮は85年にNPT(核不拡散条約)に加盟し、92年にIAEAとの間で保障措置協定を締結した。同条約の義務に従って、その核施設、核関連活動、核物質保有量等をIAEAに報告したが、その査察の結果、報告に重大な不一致が存在し、報告以外にもプルトニウムを抽出したとの疑惑が生じた。よってIAEAはこの点を更に追求する目的で特別査察を要求したが、北朝鮮はこれを拒否、93年にNPT脱退、94年にはIAEA脱退を通告した。この間、IAEA理事会は保障措置協定違反を認定、国際社会は北朝鮮に対しIAEA理事会及び総会決議、国連安保理決議等によってIAEAへの協力を呼びかけたが、北朝鮮はこれを拒否して、証拠隠滅を図った。
 以上と前後して行われたクリントン政権下での米朝交渉の結果、94年10月には米朝枠組み合意が成立、北朝鮮は核関連活動の凍結(使用済み核燃料棒の密封)等を行い、米国は日韓等と協力してKEDO(朝鮮半島エネルギー開発機構)を設立、軽水炉発電所2基の建設、その完成までの間の重油供給などを約束して一旦危機は回避された。しかし、ブッシュ政権下の02年10月、今度はウラン濃縮による核兵器計画が発覚し、米国は重油の供給を停止した。これに対して北朝鮮は同年末に核燃料棒の密封を解除、IAEA査察官2人を追放した。
ブッシュ大統領は北朝鮮をイラク、イランと並ぶ「悪の枢軸」と呼びつつも、「対話」路線を選択、中国の仲介を得て日米中韓露及び北朝鮮六カ国による外交的解決を目指した。こうして始まった六者協議は03年8月から04年6月まで3回開催された。米国は「核計画の完全、検証可能かつ不可逆的な廃棄(CVID)」を要求、他方、北朝鮮は核関連活動の停止と引き換えに米国による安全の保証や経済支援を要求、具体的進展がないまま、本年(05年)2月、北朝鮮の一方的な協議参加無期中断の発表となった。
 このように北朝鮮の対応は瀬戸際政策の繰り返しである。NPT脱退表明2回、IAEA脱退通告と02年末のIAEA査察官追放、03年10月使用済み燃料棒からのプルトニウム抽出と再処理発表、ウラン濃縮計画の発覚、核兵器保有宣言など。解決を延々と引き延ばしながら恫喝によって、経済・エネルギー支援と安全の保証を吊り上げようとの魂胆にみえる。
 北朝鮮の核問題は対話と交渉による平和裏の解決が望ましいこと当然だが、以上の経緯に照らせば楽観は禁物である。対話だけでなく、圧力も必要になる。この場合、中国と韓国の態度が鍵を握っている。六者協議の開催、再開のための中国の努力自体は評価されるが、中国は北朝鮮への圧力行使に乗り気でなく、どこまで早期かつ完全な解決に真剣であるか不明。中国はこの核問題の存続自体をその対米外交の梃子にしているとみるのは邪推であろうか。北朝鮮に対する政治的経済的影響力の強いはずの中国に翻意を促したい。韓国の盧武鉉政権も経済支援の増大に傾くなど、危機感に乏しいが、米朝対決で最も被害を蒙るのは韓国自身であろう。
いたずらに時間が経過し、北朝鮮の核兵器が増え、ミサイル開発が進めば、ますます対話による平和裏の解決は困難になる。日米は中韓露を説得して北朝鮮の早期協議復帰を求め、仮に北朝鮮が無条件で協議への復帰に応じない場合には、国連安保理を通じた制裁発動以外に選択肢はなくなる。日米だけの制裁は効果的でない。国際社会による圧力が急務である。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

minkewhale

Author:minkewhale
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード